議会について

町議会の役割

 町議会の役割は、町の仕事の進め方や方向性などを決定したり、町の仕事が正しく適切に行われているかを監視したりする大事な役割を担っています。

 町の仕事とは、例えば、公園の整備、ごみの収集処理、お年寄りやからだの不自由な方などのための福祉、学校教育、そして基地対策などで、町民の日常生活と密接に結びついているものです。
 そのため、町の仕事には、町民の意見が十分に反映される必要があります。しかし、その運営について町民全員が一堂に集まり話し合って決めることは難しいので、「町議会議員」と「町長」を選挙で選び町政の運営をゆだねています。

 町長は、予算案や町の法律である条例の案などを考え、町議会に提案します。町議会はそれらについて、疑問点を議論したりし、賛否を決定します。その決定に基づき、町長が運営を行います。

図:議会と執行機関

町議会の権限

 町議会は主に次のような権限があります。

議決権

 町議会の最も代表的な権限で、町の法律ともいえる条例の制定や改廃をしたり、予算を定めたり、決算を認定したりします。

選挙権・同意権

 町議会の議長、副議長や選挙管理委員などを選挙したり、副町長、教育委員会委員などを町長が選任する際に同意を与える権限です。

検査権及び監査請求権

 町長やそのほかの執行機関の行う町の事務管理や金銭の出納などが、公正で効率的に行われているかを監視するための権限です。
町議会は、町の仕事にかかる書類や計算書を検査したり、監査委員に監査を求め報告を受けることが出来ます。

請願及び陳情の受理

 町議会は、町の政策などについての要望を(請願書・陳情書)受け付けます。
受け付けた要望は町議会で審査し、内容が適当と認められるものは採択して、町政に反映されるように努めます。